スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

上がる株の探し方 導入編

個人投資家です。

 

株で利益を出すには当たり前ですが、

上がる株を買わなければいけません。

 

インデックスへの投資も素晴らしいとは思いますが、

効率的市場仮説はやや否定がちなので、

ここは個別銘柄を選びましょう。

リスクはもちろん高いですが、

圧倒的に増やすにはこれがベストです。

 

 

投資とは何か

まず前提として、投資は価値と価格に乖離があるところに

資金を投下することだと考えています。

そのため、なるべく乖離が起きやすい場所に

資本を投下するのが良いと考えています。

 

情報の無いマーケットへ

乖離が起きやすい条件はやはり情報の無さです。

情報が少なければ、調査や関心が向かっておらず、

価値と価格の大幅な乖離が起きている可能性が高いです。

出来高が寄り付きでないような銘柄に

効率性もクソもありません。

気にするポイントとしては以下のようなものです。

 

時価総額が小さい(時価総額で300億円以下程度)

トレンドから外れた業種

出来高が少ない

 

こんな企業を気にかけるアナリストや

機関投資家がほぼいないので、

参加者が少なく乖離が非常に大きくなりやすいです。

 

そもそもアナリストは営業店の顧客である投資家に

株を買わせるような情報を発信するのが仕事です。

トレンドから外れたお寒い銘柄を

入念に調べる人はあまりいません。

そのためレポート発表したり、

目標価格を設定したりは滅多にないです。

 

機関投資家は資金の規模から

時価総額の小さい企業の株は買いに行きづらいです。

良いパフォーマスを出しても全体の資産に影響を与えるほど

買い入れることが困難なので少数派になります。

 

話は変わりますが、

IPO(新規上場)が狂った値段になるのも

情報が少なく、ミーハーな投機家

中身もわからないで参加しているからだと思われます。

 

業績はさらに重要 

しかし、情報がなければ何でも良いってわけではありません。

株を買うとはその企業の一部を買うということです。

企業の稼ぐ力がなければ、買っても意味が無いです。

企業の価値とは第一に稼ぐ力があるかどうかです。

 

株価は長期的に見れば一株あたりの利益に相関して動いているので、

企業をしっかりと分析して堅調に稼いでいる企業もしくは

将来的に稼ぐ企業を見つけましょう。

 

前置きの方でほとんど書いてしまった気がしますが、

後ほど具体的な話に移ります。

それでは。

 

続きはこちら

www.kojin-toshika.com

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ