スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

投資はさっさと始めた方が良い4つの理由

自分が大学生の頃、会う人、会う人に投資を熱く語っていましたが、

大概、返される言葉は

「投資をするのはまだ早い」でした。

 

なら、いつから始めるの?

社会人?結婚後?老後?

 

まだ早いとか呪文を唱えている人は、

死ぬまでやらないでしょう。きっと。

 

 自分は18歳で始めましたが、

もっと早くすれば良かった。

中学生くらいから始めたって

問題ないでしょう。

 

投資はさっさと始めた方が

絶対いいと思います。

あくまで自論ですが、

その理由について語りたいと思います。

 1.浪費を回避し、生活レベルを抑制できる

お金の貯まらない人は身の丈に合わないお金の使い方をしていると感じます。

  • 家賃の高い場所に住む
  • 多過ぎる外食、飲み会
  • 趣味への傾倒
  • ギャンブル(自分はこれで後悔)

あげるとキリがありませんが、

ほとんど無駄でしょう。

投資をすると複利の効果が

身に染みてわかり、

これは浪費だ!と思うハードルが

低くなります。

この精神はきっと生涯役に立ちます。

ケチ認定されますが無視しましょう。

 

2.基本的に投資は長期が有利

長期で投資をすればリスクが減ります。

なんてのはもちろん嘘ですが、

  • 世界の株、債券に分散投資
  • ディフェンシブ銘柄かつ、そのマーケットが拡大
  • ファンダメンタル分析による投資

この辺に限れば長期投資は

有利だと考えています。

 

3つ目は可能かどうか自分で

判断するのは難しく

運の要素も含んでいるので、

賛否両論かと思いますが、

 

世界経済が堅調に成長していること。

世界人口は増加傾向にあり、

生活必需品の需要が伸びること。

これらを考えれば投資本来のスタンスはここ

ありって感じです。

ディフェンシブ銘柄は

ネットキャッシュが豊富で

配当利回りが高いことも魅力で

長期的には利益が出る可能性は高いと

考えます。

 

3.若くから経済知識が身につく

株を買ったからといって、

日々の株価を気にするのは

好ましいことではありませんが、

スマホを持っている以上、

チェクしてしまうのは仕方ないでしょう。

 

こうなると株価以外にも、

株に関する様々なことが気になり始めます。

こうなったら、スマホを持ってる以上、

調べまくるでしょう。

 

押し付けてくる勉強と違って、

能動的な学びは非常に身に付きます。

経済学部の学生より実経済に

詳しくなるなど時間の問題です。

 

4.お金が増え、選択肢が増える

何よりこれが一番の魅力でしょうか。

投資を早く始めていれば、貯金と浪費の選択しかない人より

はるかにお金は増えているでしょう。

 

就職しても心に余裕が生まれますし、

自分もそうですが、

その資金で副業をするのもアリかと。

いきなり起業するのも全然アリですし、

新卒リタイアなんてことも

可能かもしれません。

(大学行かなくていいか。)

 

終わりに

今はインターネットの発達により、

お金を稼ぐことのハードルは

かなり下がったと思います。

投資をしようと思ったら、

タネ銭稼いでさっさと始めましょう。

年齢なんて関係ないです。

もちろん社会人の方にも言えることです。 

それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ