スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

財布を失くした話

やってしまいました。

財布を買って以来、初めて失くしました。

中学生の頃、お金はラップに包むかポケットに入れていた自分に呆れ、

親が財布を買い換えた時にもらった財布です。

 

 

自分−お金=ゼロ

 

かもしれないのに財布を失くすとは

なんたる失態。

 

取り敢えず絶望する

日曜に競馬に行ったせいで現金が3万円ほど入れていたため

いつもよりかなり現金多め。

 

株式の資産では3万円の変動くらい何とも思いませんが、

現金で落とすと絶望感がすごい。競馬で損した時も。

つまらない飲み会に参加してしまった時も然り。

 

警察に連絡

県外で失くしたんですが、遺失物登録できるんですね。

クレカは今時、使うアホもいないだろうと思い、先ずは警察へ

 

身元、財布の特徴、紛失場所などを答えるだけです。

ただ、「中身は何が入っていましたか?」という質問に焦る。

 

変なもの入れてたわけではなく、

何を入れていたかが思い出せない。。。

 

定期券含めてほぼ電子決済しか使わないので、

忘れるのも当然か。

 

何が入っていたか非常に気になる。

失くしたことより、中身が気になってしょうがない。

 

財布発見

そして、あっさりと見つかる。

昼飯をとったところで預かっていてくれました。

早速、中身を確認です。

 

財布の中身は

現金 3万1千円

免許証

保険証

診察券 7枚

クレジットカード 4枚

ポイントカード 2枚

ハズレ馬券 9枚

レシート、割引券など

 

そして思う。

 

財布、不要と。

 

現金 3万1千円 ←電子決済のため不要

免許証 ←車に乗らないため不要

保険証 ←審議中(急病の時、無いと困る)

診察券 無くても診察できるので不要

クレジットカード 4枚 ←電子決済のため不要

ポイントカード 2枚 ←なんだこれは。不要

レシート、割引券など ← 貰わない、絶対

 ハズレ馬券 2枚 ← 。。。

 

財布なしで出かけてみる

持ち歩く必要があるのなんて保険証くらいか。

保険証だけ握りしめて出かけよう。

財布が無くて、出かける間に困ることなんてほとんどないかもしれない。

節約になるかもしれない。しばらく検証。

 

 

 

財布を失くしたことで、

財布を使っていないことに気づかされました。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ