スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

仮想通貨は投資対象となるか?

中国政府による取引規制とJPモルガンCEOの発言で

仮想通貨の価格が転げ落ちていますが、

熱狂に惑わされて買われた方は大丈夫ですか?

仮想通貨について

Bitcoinを皮切りにEthereum,Rippleなど様々な仮想通貨が存在しています。

異常に高い為替スプレッドを葬り去るためにも、

世界共通の通貨として利用され、投資、経済の活性化に貢献してほしいものです。

 

通貨とすれば

仮想通貨は通貨ではありませんが、

通貨はパイが大きくならず、ゼロサムゲームであることから

自称通貨ということであれば、投資対象にはならないです。

信用が低く、金利がないことを考えると本物の通貨にも劣ります。

 

分散投資?と称して、様々な仮想通貨に投資されている方も

いらっしゃいますが、仮想通貨全体が相関した動きをするので意味がないです。

円、ドル、ユーロのように通貨分散の意味はなさないでしょう。

分散投資であるならば、ポートフォリオ内のものが上がろうが、下がろうが

相関の高い動きをしていればそれは失敗です。

 

株として見れば

ただし本物の通貨と違うところがあるでしょう。

それは、爆発的な需要の増加です。

その成長性に期待して投資と考えられるでしょう。

 

しかし、仮想通貨の特性か適正な水準が不明確です。

成長性があるのは認めますが、

その成長を見込んだ上で今の価格が割安か割高かサッパリわかりません。

それでは投資対象として不適格でしょう。

 

これは個人的な感想になってしまいますが、

現在の値動きは上がるか買う、買うから上がるの材料株状態です。

それが長い間続いている。そのように見えてしまいます。

仮想通貨をどう扱うか

現在のボラリティでは決済に使用するのは困難ですが、

決済方法としては革新的で素晴らしいものだと思います。

 

中央銀行、政府がある程度ボラを抑える政策にでもでないと、

ギャンブラー以外への普及は厳しそうです。

今回の暴落の連続がこの動きへのキッカケとなることを願います。

それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ