個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

含み益など、所詮は幻想

倹約に励んでいてもついつい贅沢が頭をよぎり、

本を2万円分大人買いした個人投資家です。

投資を行う上では資金を減らさないことが求められます。

投資で失敗を確実に避けるのは不可能であり

確実にマイナスを抑えられることから、

倹約に励むことが最重要となります。

 

さて、この倹約な精神が出来上がっても

含み益が膨らむことで

贅沢しようかな?とついつい思ってしまいます。

 

このスケベ心が幸運をもたらすことはなく

積み立ててきたディフェンシブ銘柄を売ってしまったり

グロース銘柄の強烈な値上がりに購買意欲を掻き立てられたりで

悲劇しか起こしません。

 

ディフェンシブ銘柄に関しては

生涯売るつもりもないので、含み益のことなど気にせずに

 

グロース株においては

馬鹿げた値段になって喜んでいても

売らなければ所詮幻想です。

 

あの時の値段になるまでは売らないみたいな変な執着心が

芽生えてしまえば

投資家としては終わったも同然、

あっさりと凍死家の仲間入りです。

 

そんなわけで

贅沢をするのであれば

定期的な収入から捻出するのが賢明ですし、

最悪でも、ディフェンシブ銘柄の配当か

グロース株の確定した利益を利用しましょう。

 

含み益をあてにしてお金を使ったり

株を買い増したりしていると

痛い目にあいますよ。自分も痛い目にあったので、気をつけて下さいね。

それでは。