スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

今年は何をするか

あけましておめでとうございます。

去年は研究と論文作成に明け暮れていましたが、

今年は喫茶店でのんびりと

去年の振り返りと今年の抱負でも考えますか。

 

去年を振り返って

就職

社会人の常識というか、ダイキギョーってこんな感じなのね。

と勉強になる一年間でした。

人と話す機会が激増し、意外と苦手でないことに気づけました。

ただ、媚びを売るのと事務作業は嫌いなようです。もうやりたくない。

億り人になる

ここ数年ちょろい相場が続いていましたが、

2017年は相当な楽勝相場。

11月20日に1億円を突破し、

そこからさらに27%増えております。

セミリタイアとかは考えていませんが

テキトーに生きれて気が楽です。

外株

自分はディフェンシブ銘柄を貯金のように活用しています。

そのため、値上がり益はさほど狙っておらず、

広く分散することを心がけています。

配当を出し続けられそうな日本のディフェンシブ銘柄数に

限界がきたこともあり、外株を保有しております。

今年の税引後の配当収入は93万円程度を見込んでおり

今のニート並の生活水準から考えて

仕事をお休みしても安心です。

信用取引

12月に資金が激増したこともあり

現引きを行い、サッパリと信用取引とはおさらばです。

金利はかかるしリスクは高いし

ビギナーの頃は給料収入でどうにかできるため

信用取引が活躍していましたが、

今ではそれも無理。今年からは卒業ということで。

 

今年は何をするか

仕事を変える

全体として好みでないという理由もありますが、

自分が買いたくないものを作って、売っている仕事に 

熱意なんて湧きませんよ。

 

上が押し付けてくるからしゃーないという風潮が嫌いです。

利益を出さなければいけないのはわかりますが、

理にかなってない利益に価値などないです。 

 

パッシブより良い運用を

利回り30%が目標ですとか言いたいですが、

強気相場がこのまま続くかは微妙なので

この程度に留めておきます。

 

給料収入が途絶えるとしたら、

厳しい戦いになるかもしれません。

なるべく休職期間を短くしたいものです。

 

税引後の配当収入を120万円

月に10万円の収入が欲しいところです。

給料収入−6万円、中小型株のキャピタルゲインの3割は

ディフェンシブ銘柄の買い付けに回しています。

共に継続できるかわかりませんが、目標としておきます。

 

 

三つの抱負は達成できるか?

確認のために残しておきます。

それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ