スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

スニーカー通勤が流行らない

f:id:magictd1:20180106221515j:plain

特に勤め先からの勧めはありませんが、

自主的にスニーカー通勤を始めた個人投資家です。

奮発して、ニューバランス990を愛用中です。

スニーカー通勤とは

低いスポーツ実施率や多くの人が運動不足を感じている現状を改善するためにスポーツ庁が打ち出したプロジェクト「FUN+WALK PROJECT」の一環。日常の中にある「歩く」に着目し、「歩く」習慣を自然と身につけることを目的としており、1日の歩数を普段よりプラス1,000歩(約10分)にすることを目標としている。(スポーツ庁より)

 

通勤スニーカーを履くことで

「歩く」機会が増えるかは謎ですが、

疲れない。これ重要。革靴で歩き回るとか疲れる。

あれは歩く人間の為に作られたものか?

と考えてしまいます。

 

反対意見

リュックと同様

「野暮ったい田舎のオッサン化しそう」

「スーツとスニーカーって致命的に合わない」

といった見た目を叩く意見が多いです。

 

私はマウンテンパーカー、リュック、スニーカー

を装備しているので、

露出するリーマン要素はスラックスのみ。

 

スラックスがリュックやスニーカーに

合わないなんてことはありません。

ゴリゴリのリーマンスタイルにスニーカーだと変ですが

そこは臨機応変に考えましょう。

 

ただし、古臭いタイプの人を相手にするときは

会社に用意してある革靴に履き替えます。

こちらも臨機応変に。

 

女性に推奨

疲れは足からというように、やはり歩くと疲れる。

勤め先ではパンプス厳禁、ヒール推奨という

イかれた風習があります。

ヒールでの通勤はさぞかし辛いでしょう。

 

脚を長く見せたいのか、マゾであれば仕方ないですが、

空気は読まずに是非とも

スニーカーで通勤してほしいものです。

その快適さに心奪われるでしょう。

 

マナーは基本、理解不能

電車内では静かにしましょう。

これはわかります。

騒げば、不快に思う方が大多数でしょう。

通勤時には革靴を履きましょう。

これを破って、困る人がいるのか?

全く意味がわかりません。

 

マナーや慣習は人様に迷惑かけなければ破ってOK。

これからもマナーや慣習はできる限り、

破りたいと思います。

それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ