スポンサーリンク

個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

IPOを当てる方法を聞いた

個人投資家です。

致し方ない時代の流れか

飽和状態となりつつあるネットでのIPO配分。

今こそ衰退傾向にある対面営業から

配分を狙いましょう。

 

 

配分の傾向

ネット証券は保有資産により

多少の有利不利はありますが、

抽選配分と必ず明記されており、

基本的にコンピュターによる平等な

配分となっています。

 

一方で総合証券の

対面営業による配分は

抽選配分とは明記されていません。

つまり、何でもありです。

 

就活の際、ナンパしまくった

証券会社に勤務する人達(♂)に聞いたところ、

金融庁から利益供与の疑いに

かからないように偏った配分には

各社規定があるようです。

ただし実際のところはほぼ無法地帯、

N証券、S証券は営業員と管理職の

さじ加減といったところでしょう。

 

ただD証券はコンプライアンスが厳しいようで、

営業員の思惑は通らずに

公平性の高い配分が行われているようです。

*おそらく、支店により差があります。

 

IPOとは何か

考えなくても分かりそうなことですが、

IPOは誰でも欲しいものです。

ほぼ値上がりが約束されている株など

既に上場した株にはないのですから

誰しも喉から手が出るほど欲しいはずです。

ではこの貴重なIPOを誰に配るか?

 

それはもちろん証券会社に利益をもたらす

もしくはもたらしてくれそうな人です。

 

IPOばかり申し込んでよこせと騒いでいる 

投資家気取りの甘ちゃんに渡すのは流石にメリットがありません。

IPO客と呼ばれ非常に嫌われるそうです。

 

証券会社の利益とは

話を戻しまして、

証券会社に利益をもたらしてくれる人とは

まず、手数料を落としてくれるお客さんでしょう。

株の取引や投信の購入などを頻繁に行なってくれる人には

優先的にIPOを配分しているようです。

 

そして、最も配分されやすいのは

売らなければならない商品を買ってくれる人のようです。

よく証券会社は詐欺だと騒がれていますが、

定期的に発行される社債やブロックオファー、PO

などを捌くのも仕事のうちです。

詐欺でもしないと売れないような商品を

発行するなよと突っ込みたい気持ちもありますが

こういった需要はあまりない商品を買ってくれる人は

非常に助かるのでしょう。

 

単なる株取引は社内だけの問題ですし、

 

投信はズブズブの運用会社との問題です。

 

ただし、発行元にこいつらは捌いてくれないなといった

評価をつけられるのは会社としてかなりまずいのでしょう。

そのため、このような場面で会社や支店を救ってくれる人が

IPOの配分を優先的に受けられるのでしょう。

私としては納得のできる話でした。

詐欺みたいなことやってるのは納得できなけど

 

といったところで、

営業員、支店を救う

すなわち会社を救う取引をすれば

IPOを配分が多くなるはずです。

 

会社を救う取引は大概が儲からないので

そこをIPOで埋めあわせるという無意味にも見える取引

ただ、投信の回転売買で消耗するよりは

堅実な投資法かもしれません。

 

私はネットだろうが対面だろうが純粋に投資として面白くないので

メインでやるつもりはありませんけどね。

それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ