個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

メルカリ配分結果【IPO配分研究】

f:id:magictd1:20180617110157j:image

個人投資家です。

今週、6月19日(火)

ついにメルカリが上場を果たします。

公募価格3000円、

海外機関投資家も注目のユニコーン企業、

上昇期待と規模感から参戦は必須です。

 

 

ネットか対面か

ネット証券では資金による配分の可能性に

多少の前後はありますが、

所詮は運で決まります。

また、数十件のネット証券に資金を入れたり、

引っ込ませたりは非常に面倒です。

 

ある程度資金が増えてきたら、

主力のネット証券のキャッシュポジを

一時的に主幹事、副幹事証券に

集約させた方が効率が良いです。

 

対面証券では運と財力だけでなく、

戦略次第みたいなとこもあります。

仕事で鍛えた交渉術を

ここで使わないわけにはいきません。

 

配分結果

 

大和証券

まずは主幹事大和証券。

営業員の方から伺いましたが、

壮絶な争奪戦となった模様。

メルカリ欲しさに新規口座が

面白いように開いたとか。

 

海外投資家の配分が増加したことや、

投資家一人当たりの配分規制など

あったらしく、SGHD並みのスマッシュヒット

とはならず、800株の配分となりました。

f:id:magictd1:20180617193443j:image

期待よりは少なかったですが、

相対的には十分な結果でしょう。

 

三菱モルスタ

続いて、副幹事三菱モルスタ。

配分数の割に預かり残も少ないことから

かなり期待していましたが、

100株の配分。。。

f:id:magictd1:20180617181036j:image

三菱はかなり配分を分散させたようで、

複数単元の配分は稀だとか。仕方なし。

 

傾向と対策

IPOをどう配分するかは

支店長などの裁量で決まるそうですが、

結局は実績と期待でしょう。

 

手数料を落としてくれている客、

今後、落としてくれそうな客でしょう。

私が支店長だったら普通にそうします。

IPOだけ申し込んで「くれくれ」言っても

配分の可能性はまずないでしょう。

 

今回はPOとゴリ押し中の投資信託で

攻めましたが、上々の結果と

言って良いでしょう。

 

やはり投資信託の方が内側からしたら

好印象なようです。

対面営業の配分にも研究の余地があり、

今後も金融関係の方との交流はライフワークに

なりそうです。

それでは。