個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

学生時代に何をしたらいいか【前編】

個人投資家です。

勤める会社の新卒採用がひと段落したようで、

 

就活準備中の大学生が職場に見学に来る

イベントが開催されます。

反抗期とも言える態度で目をつけられては

おりますが、そのイベントに呼ばれるようで、

白羽の矢が立ってしまいました。

 

 

そこで聞かれるらしい、

「学生時代に何をしたらいいか」と。

何様だよと思われそうですが、

ここはそれについて、後輩達に語るつもりで

偉そうに書いていくことにする。

 

1.「マックジョブ」は程々に

マックジョブとは誰でもできる仕事。

今すぐ金が欲しいからといった理由で単発で入

れることはお金のない学生にとって良い選択か

もしれない。ただ、長く続けるアルバイトはそ

の経験が今後に生きるものを選ぶべし。

 

コンビニや警備員なんてやるもんじゃない。

人と話す仕事、専門性の高い仕事などを勧め

る。具体的には塾講、キャバクラ(接客業)、

ベンチャー企業のインターンなどを勧めたい。

 

塾講は集団に限る。

人前で60分も話し続けるのは中々

骨のいる作業だ。授業を組み立てたり、

保護者と面談したりも良い経験になる。

そして、時給が高い。

高学歴なら是非、勧める。

 

キャバクラとか言ったら「大人」に怒られそう

だが、オジサンのご機嫌取りは非常に使えるス

キルだ。もはやそれしか仕事ないだろ笑

みたいな部署もうちの会社にはある。

しかも、時給は高い。

敬遠している奴はアホだ。

顔のレベルがどうであろうと抵抗がなければ勧

めたいアルバイトだ。

 

ベンチャー企業のインターンはかなり良い。

最初は基礎から教育をしてもらえるし、

最終的にはプロジェクトを投げたりしてくれ

る。就活の保険としても使えるので一石二鳥

だ。時給がパッとしないところはあれだが、

良い下積みになる。ただ辛いでは終わらない

経験になるはずだ。

 

2.目的の無いサークルには入るな

文系、理系問わず日本の大学生は暇だ。

大体の大学生はサークル活動に時間をかけるだ

ろう。適当につるんで安い居酒屋やカラオケな

んぞに行ってるだけのサークルならサッサと辞

めることを勧める。

 

サークルに入るとその人達と過ごす時間が格段

に増える。授業の時も休みの時も。

どうしても周りに引っ張られてしまう。ここぞ

と思える集団に入るべきだ。

無ければ作ればいいし、別に入らなくたって良

い。自分で考えて行動に移せるポジショニング

が大切だ。

 

3.恋人を作ろうとする

チャラ男になって尻軽女を何人切り!

みたいなことをしろというわけではない。

自分を肯定してくれる女性を一人くらい見つけ

ておけよって話でである。若しくは見つける努

力をする。

 

私が女性の枯渇していた理学部にいたせいも

あってか、拗らせている人が多かった。

「これだから女は嫌いだ」

が口癖の童貞がよくいた。(私もそうだった)

 

これが出てくると全体的な発想がネガティブに

なってくる。そして、つるむ人間もこの類にな

る。このグループに入ると非常に抜け出しにく

くなり、向上心や変化を嫌う人間になってしま

う。別に童貞でもいいのだが、最悪、女性の悪

口ばかり言うのはやめておこう。

「俺、性欲ないから。」と言い始めたらもう終

わりだ。その中にDMMのアプリをインストール

している奴がどれだけいたことか。私はよく知

っている。

 

これに似た内容を人事に送る予定だが、

どうせ訂正が入るのかな?

訂正されてもこのまま話せばいいか。

次回に続く。それでは。

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ