個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やした投資家の雑記

金持ちになっただけではモテない

個人投資家です。

モテたくてお金稼ぎをしている

わけではありませんが、

 

お金持ちになれば勝手にモテるとか

思っている人が周囲にはよくいる。 

それを否定しておきたい。

お金だけでは厳しい

パパ活なんてものが

成立する世の中なのだから

お金があっても大してモテない人は

多いのだろう。

 

私は富裕層に変貌遂げたが、

美女からデートの

お誘いがかかったことなど一度もない。

(自分から声をかけるのが大前提ですが)

 

私の通っていた大学には大手メーカーに

就職して「女を見返したるで!」と

意気込む清純派気取りが沢山いたが、

 

お金を持っていると

ひけらかしたところで、

女の子に搾取されていくのがオチだ。

結局それだけではモテないだろう。

 

 お金か男か

それは何故か?

おそらく、男としての魅力が

お金に負けているからだ。

「男としての魅力は無いけど、

               お金は持ってるから絞りとっとくか」

と女の子から思われてしまう。

 

性格が悪いといえばそれまでだが、

これが自然な世の中のルールだ。

 

男としての魅力を上げる。

そして、お金があること(ハイスペな職業)を

アピールしないのが搾取から逃れて

モテない金持ちから脱出する鉄則だろう。

 

順序が大切。

お金→男では玉砕される。

男→お金だと上手くいく。

アピールすると良くない、

何となく生活水準の高さで伝えた方がいい。

 

とは言ってもお金は大事

気持ちはわかるが株で大儲けしても

人に話してはいけない。

特に専業主婦を夢見る女の子に

話してはいけない。

 

兎にも角にもお金があることを

人に話してはいけない。

話すのは投資仲間くらいだろうか。

 

とは言っても、外見を維持したり

外食したりにランニングコストはかかるので、

お金があった方がことは進めやすい。

 

お金は見せびらかすものではなく

慎ましく使うものであることを肝に命じておこう。

それでは。