個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やしたサラリーマンの雑記

資産状況【2018年7月】

個人投資家です。

 

7月の資産状況です。

貿易戦争懸念に振り回される株式相場。

マザーズは実力のない値嵩株の化けの皮が

ついにはがれて大暴落。

 

人生初のまともな

ボーナスを受け取りましたが、

特に使うこともないので

問答無用で証券口座にぶち込みです。

 

同期はウブロの腕時計を買っていました。

ボーナス時期に合わせて本屋に並ぶ雑誌が

「モテる!高級腕時計特集」、

「できる男は高級腕時計をつける!」

とか特集してあるのを見て笑ってしまいます。

 

価値観は人それぞれですが、

自転車操業にはなりたくない。疑似広告を見るたびに

白ける自分は倹約根性が染み付いているのでしょう。

 

【金融資産状況】

f:id:magictd1:20180727073813j:image

2018年7月の金融資産は

¥146,374,127でした。

前々月比プラス¥13,591,251(+10.2%)

 

【内訳】

f:id:magictd1:20180727074130j:image

日本株はメルカリの恩恵もあり

巻き返す。米株は相変わらずの強さ、

7月の配当金収入も22万円と絶好調であります。

(連携の不備があり、現金内に有価証券が含まれます)

 

日本株は手数料の安さから

DMM株への移管を行いましたが、

マネーフォワードに登録できないサプライズ。

移管される場合はご注意を。

f:id:magictd1:20180727074314j:image

 

メルカリ配分のために

ごにょごにょした大和証券は

なぜかマネーフォワードと連携ができない。

f:id:magictd1:20180727074142j:image

 一押しの投信を買いましたが、

へなちょこです。

儲からない可能性が高いですが、

営業員との橋渡しみたいなものでしょうか?

 

勤め先の顧客を引っ張り出す作業もほぼ完了。

税引き後配当収入も214万円を見込んでおり、

あとは退職届を出せば終了というところまできました。

 

大企業は良いところもありましたが、

上の言っていることに騙されたふりをして、

クライアントを騙すのは非常に怠いです。

 

後輩への指導はモチベーションを

上げるために騙すか、

やる気が消えるリスクを背負ってまで、

本質を伝えればいいのか?

非常に難しいところです。

 

騙して指導を行うパターンは賢いやつにやると

びっくりするくらいすぐに退職するか

窓際族になります。

アホで可愛い後輩もいますが、

騙し続けることにも罪悪感が残り、

気疲れします。

 

この詰んだ状況を打破するには、

ビジネスに嘘を減らすしかないでしょう。

なるべく真っ当にお金を稼げるよう

心懸けていく、今日この頃です。

それでは。