個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やしたサラリーマンの雑記

資産状況【2018年8月】

個人投資家です。

 

8月の資産状況です。

マザーズは1000ポイント割れと

相変わらずの暴落。

 

新興市場の弱気相場入りも

囁かれていますが、

もともと投資するに値しないような

大型株が多かっただけかと思います。

 

指数全体はさらに下がっても

おかしくないですが、

選別を行えば生き残れるはずです。

アクティブ投資家の

腕の見せ所でしょうか。

 

米国市場は貿易摩擦の耐性もついて

上昇トレンド継続です。

このまま握りしめておくことにします。

 

【金融資産状況】

f:id:magictd1:20180916231622p:plain

 

2018年8月の金融資産は

¥146,765,880でした。

前月比プラス¥391,753(+0.3%)

 

日本株はTATERUショックに

見事に巻き込まれ、

保有していた不動産株が

叩き売られました。

あまりに強烈な下げで支持線を

割り込んだことと

まだまだ不動産の悪材料は

出てくるだろうと判断し、

日本の不動産株からは一時撤退です。

 

米株は中小型がことごとく強い。

コンセンサスを上回っても10%下げる

厄介な奴もいますが、

それでも日本株の負けを

埋めてくれています。

 

大和証券のひどい投資信託は基準価格が

10400円に近づいたところで売りました。

その後はズルズル下落。

 

買ってすぐに売ると

コンプライアンスとか支店の成績とかで

色々と揉めるみたいです。

売却の許可が下りるまで

かなり時間がかかりました。

皆さんもご注意を。

自分のお金なのに許可ってのも

変な話ですけど。

 

身近で金持ちは楽して

金儲けができるから、ずるい!

なんてことを言っている人がよくいます。

(なぜか証券会社の営業員も言っていた。)

 

よくある話は100万円稼ぐのに

元本1億円ならば1%の利益を出せばいい、

元本100万円ならば

100%の利益を出さなければいけないと。

 

確かに100%の利益をもたらす

投資を探すのは至難の技です。

1%なら一日でも達成できそうな予感です。

大型株を一億買って、抜いて売る。

デイトレードで完結です。

 

ただ、

「お前は1億のポジションを

取ったことがあるのか?」と聞きたい。

1銘柄に1億円をかけた時の

プレッシャーたるや尋常ではない。

この前、桁数を間違え、

任天堂を3000株ショートしてしまった。

かなり焦った。1単位動けば

3万円が増えたり減ったり。

それが秒刻み。私には耐えられなかった。

 

1億円を100万円くらいの感覚で動かせる

強靭なメンタルが必要だ。

流動性の関係もあるし、

全てをパーセンテージだけで

考えるのは浅はかで、

資本が少なかった時のようなペースで

増やすのは無理だと私は感じた。

 

後、そもそもな話だが、

元本を貯めるのが大変なのである。

 

自分は学生の頃からの労働収入でも

2500万円くらいは稼いだし、

生活費は相当切り詰めていた。

別にずるいことはしていないつもりだ。

 

要は何が言いたいかというと

資本を転がして利益を出すのも

楽じゃないってことである。

まぁ確かに工場で働いてるよりは

楽なんのもまた事実なんですけどね。

それでは。