個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やしたサラリーマンの雑記

資産状況【2018年11月】

個人投資家です。

 

主要指数もある程度は盛り返し、

主戦のマザーズ指数も1000ポイントに乗せてきました。

好決算銘柄は順当に買われているといった

見飽きたいつもの展開です。

 

一か月前とは一転、

リセッションはまだ来ないという

声が多く聞かれるようになりましたが、

日本の新興市場は業績が悪化が顕著です。

そこは受け入れてリスク管理を

行いたいです。

 

【金融資産状況】

f:id:magictd1:20181201125408p:plain

2018年11月の金融資産は

¥148,785,110でした。

前月比マイナス¥3,299,456(-2.2%)

 

日本株、米株共に戻して

全体的に底上げですが、

決算は見事にやられて

個別の2銘柄を損切りです。

 

空売りも強烈な巻きを戻しを食らい

散々な11月となりました。

 

ここのところ巻き戻しは

米の政策金利の引き上げペースを

落とすのでは無いか?といった観測が出ているそうです。

 

金利の引き上げペースが急激に緩まれば円高に触れますし、

そもそも景気後退への警戒感からの政策金利の調整なので

リスク回避の円買いが勃発しても不思議ではないかと。

 

依然として楽観はできませんが、

日本の外需株は避けておきたいところ。

かといって、米国外需も貿易摩擦の影響でアレですし、

内需くらいしか買うものがないかなという感じ。

 

こうやって、株からお金が離れて債券に流れて行き

景気後退は始まるのでしょうか?

 

長短金利差は肉薄ですが、

逆転したらすぐに弱気相場入りというわけではないので

慌てすぎるのもよくありませんが。。。

 

ソフトバンクの上場もありますし

キャッシュを多めにしておく予定です。

 

さて、今年中に会社を辞めようと計画していましたが、

揉めに揉めた結果、来年一月となりました。

 

とりあえず休憩です。

寝る時間は奪われ、ストレスで気は休まず

サラリーマンは体調が悪くなります。

 

体調が悪いとそれだけで

人生がつまらなくなります。

ここ数か月は毎日、インフルにかかったように

体の節々が痛くなりました。

 

2年も経験していないサラリーマン生活ですが、 

もうやろうとは思いません。

 

この気持ちをエネルギーに

スモールビジネスを軌道に乗せたいと思います。 

それでは。