個人投資家の限界は

株式投資と激務で1億円まで増やしたサラリーマンの雑記

3年続けないと意味がないよ

個人投資家です。

 

退職をするときに面倒なのは引き止められることです。

本当にそう思っているのかは知りませんが、

君の為に考えていますよ。

みたいな雰囲気を出して

上司が接するようになってきます。

 

 そこで良く言われたのが

「3年続けないと意味がないよ。

 せっかく2年働いたんだから、

せめてあと1年頑張ろう。」

 

3年以内に会社を辞めようとしている方は

誰しもかけられた言葉かと思います。

 

この魔法の言葉に多くの同期は惑わされています。

「いつも厳しい上司も自分のことを考えてくれている!」

「スキルが身についていないのではないか?」

「転職できないのではないか?」

といった考えが起きてしまうそうです。

 

中には若手を本気で心配してくれている人格者の方も

いらっしゃるかもしれませんが、

会社にとっても、上司の査定にとっても

若手に辞められるのはマイナスです。

 

私の会社は採用の時に

バブルかいな?と思うほどの過剰接待を受けました。

寿司屋に行ったり、ホテルで会食開いたり。

とにかく初期投資がかかっています。

 

採用したからには、

この初期投資を上回る利益を採用した社員が

もたらしてくれなければ困った話です。

その損益分岐点を抜ける前に

辞めると言ったら、止めにかかるのは当たり前でしょう。

 

そんなことから

私はあまりこの言葉を信用していません。

資産がそれなりにあったからかもしれませんが、

働いた時間から考えると普通の会社の3年分以上は仕事をしたし、

転職できないとか気のせいでしかないです。

 

もしも素直に「3年間は頑張ろう!」と思って

3年目の終わりに退職を申し出ると

「あと何年働けば役職に就ける、海外で働ける」とか言ってくる

無限ループが始まるそうです。

これは進めば進むほど抜けにくい。

 

私は手に入るかもしれない褒美は諦めて、

休息という確実なご褒美を手に入れるために

2年で仕事を損切りしました。

結局、最後は何を軸に考えるかです。惑わされないように気をつけてください。

それでは。